物販ジャンル以外でアフィリエイトするときに意識したいこと

物販系のジャンルだけではなく、形のないものを商品として紹介することもできます。しかし、物販ジャンル以外を売りたいと考えていても、思うように成果が出ない方もいるようです。
では、この場合どうしたらよいのでしょうか。

●見込み客が興味を持つ記事を書く
転職系のアフィリエイトは、ものではなく形のないものを商品として紹介します。転職サイトを紹介してアフィリエイトで成果を出そうと思うなら、「転職したい」と考えている人をサイトに呼び込む必要があります。
転職を考えていない人は、転職サイトに興味を持ってくれません。つまり、アクションを起こす見込みがないということです。このような人たちがいくらたくさんの数サイトに訪れても、収益は上がっていきません。集めたいのは、アクションを起こす見込みがある人です。
転職を考えている人といっても「今の仕事が楽しくない」「もっと収入を増やしたい」「自分のスキルを活かしたい」「残業が多くてつらい」など、転職したい理由はさまざまです。
こういった不満や悩みを抱えている方が、どういったキーワードで検索するのかを考えて記事を書いていきます。キーワードをうまく選んで記事を書いていけば、検索結果上位に表示される確率が高くなり、サイト訪問者が増えることが期待できます。

●ジャンルを絞り込む
サイトに多くの内容を盛り込むほど、集客率がアップして成果がでそうですが、実はそうではありません。
あなたのサイトを訪れる人は、何らかの目的を持っています。その目的を達成できる内容の記事を多く作っていくことで、訪問者は満足をします。悩みを持っている人が満足するくらいの情報量が必要なのです。それだけの情報を伝えるためには、特定のジャンルに絞り込む方がさまざまなジャンルを紹介するよりも効率的です。
また、紹介しているジャンルが多いと、訪問者が必要な情報を見つけにくくなってしまいます。そして、訪問者は「必要な情報はない」と判断をして、サイトからすぐに離れていってしまいます。
ジャンルを絞り込むことは、訪問者が情報を探しやすくするためにも大切なことです。

●適切な内容のバナーを貼る
転職サイトを紹介してアフィリエイトをしようと思うなら、転職に興味を持っている人を集めることで、バナーを貼るだけでも収益が期待できます。
バナーはサイトの趣旨にあったものを選びましょう。サイト訪問者の悩みを解決するようなものを選ぶことで、アクションに至る可能性が高くなります。